金栗マラソン人生
いだてん金栗四三【誕生~少年時代】
いだてん金栗四三【才能を開花】
いだてん金栗四三【オリンピックと金栗】
いだてん金栗四三【箱根駅伝の創設】
いだてん金栗四三【終章】
コンテンツ
金栗四三ロード
観光案内(プチ・セレブコース)
観光案内(八つの神様めぐり)
ナゴミカレーロード
一般団体・学校・旅行会社の皆様へ
お立ち寄り・休憩所はコチラ
和水町グルメ・店舗情報
観光タクシー紹介
日本マラソンの父【金栗四三】所在地
大河ドラマいだてん和水町推進協議会
熊本県玉名郡和水町江田3886
電話:0968-86-5725
FAX:0968-86-4660
和水町商工観光課
金栗四三QRコード
スマートフォンはこちら
韋駄天【金栗四三】所在地

金栗四三生家案内

金栗四三生家記念館

開館時間:午前9時~午後5時(年中無休)
※最終入館は午後4時30分

山間に佇む昔ながらの生家

広い土間と茅葺き屋根の家。のちに日本マラソンの父とよばれる金栗四三が生まれ育ったのが、ここ熊本県和水町の旧春富村中林です。
明治24年(1891年)8人兄弟の7番目に生まれた四三は、長兄を中心とする家族の温かい教育のもと勉強・スポーツに励み、東京高等師範学校(現筑波大学)で生涯の師となる嘉納治五郎に出会い、日本で最初のオリンピック選手になります。しかし、オリンピックに3度出場するも良い結果を残せなかった四三は、その悔しさをバネに日本スポーツ界を発展させるため、マラソンシューズの開発や箱根駅伝の創設、女子体育の振興などさまざまな試みを行います。
生涯走り続けた距離は約25万キロ。その生涯は、「体力・氣力・努力」の言葉と、晩年の穏やかな表情に表れています。四三のマラソン人生の基礎を築いたスタート地点。それが、この生家なのです。

通称「学校部屋」

自宅の玄関の土間の横に、家族が「学校部屋」と呼ぶ四三専用の部屋があり、二畳敷きぐらいの小さい板張りで、表の格子戸へ向けて机を置き、四三は声を張り上げて読み方をしたそうです。この部屋は四三が高等小学校を卒業するまでの六年間の思い出を残しています。

生家平面図

平面図
開館期間 2019年1月11日(金)~2019年12月23日(月・祝)
開館時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
場所 熊本県玉名郡 和水町中林546番地
電話番号 0968-34-3047
休館 年中無休
駐車場 無料(下の駐車場図をご確認ください)
開館期間 2019年1月11日(金)~2019年12月23日(月・祝)
開館時間 9:00~17:00(最終入館16:30)
場所 熊本県玉名郡 和水町中林546番地
電話番号 0968-34-3047
休館 年中無休
駐車場 無料(下の駐車場図をご確認ください)

入場券料金表

入場料金
就学前児童は無料
身体障害者手帳、療育手帳、被爆者健康手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちのご本人と介添者1名は、入館が割引となります。窓口で手帳をご提示ください。
※1 ミュージアム入場券又は使用済み入場券の半券を確認したうえで適用
※2 20名以上の団体の方に適用
※3 JAF会員証掲示で5人まで適用

金栗四三生家駐車場

生家

なごみツーリズム
【多言語観光ガイド】

和水町を各地の魅力を音声で解説。マップと連動し誘導します

詳しくは「なごみツーリズム」をご覧ください。
詳しくは「なごみツーリズム」をご覧ください。
地図 (Google Map)
===CONTENTS===
金栗四三ロード
観光案内(プチ・セレブコース)
観光案内(八つの神様)
カレーロード
一般団体・学校・旅行会社の皆様へ
お立ち寄り・休憩所はコチラ
和水町グルメ・店舗情報
===所在地===
大河ドラマいだてん
和水町推進協議会
〒865-0136
熊本県玉名郡和水町江田3886
電話:0968-86-5725
▲トップへ戻る