金栗マラソン人生
いだてん金栗四三【誕生~少年時代】
いだてん金栗四三【才能を開花】
いだてん金栗四三【オリンピックと金栗】
いだてん金栗四三【箱根駅伝の創設】
いだてん金栗四三【終章】
コンテンツ
金栗四三ロード
観光案内(プチ・セレブコース)
観光案内(八つの神様めぐり)
ナゴミカレーロード
バス会社様ご案内
旅行会社様ご案内
和水町店舗紹介
観光タクシー紹介
日本マラソンの父【金栗四三】所在地
大河ドラマいだてん和水町推進協議会
熊本県玉名郡和水町江田3886
電話:0968-86-5725
FAX:0968-86-4660
和水町商工観光課
金栗四三QRコード
スマートフォンはこちら
韋駄天【金栗四三】所在地

才能を開花

マラソンランナー金栗四三

東京高等師範学校(現筑波大学)に入学した金栗は、次第にマラソンの才能を発揮し始めます。

1年生の時、秋の校内マラソン大会で上級生を抑えて3位に入り、講道館柔道の創始者としても知られる校長の嘉納治五郎に一目置かれる存在となります。

そして、翌年の1911年(明治44年)第5回オリンピック・ストックホルム大会(スウェーデン)に向けて、日本初のオリンピック国内予選大会(25マイル)が東京・羽田で開催されました。この大会で金栗は、当時の世界記録を27分も上回る2時間32分45秒の大記録で優勝し、周囲を驚かせます。このことにより、金栗は初のオリンピック日本代表選手に選出され、嘉納校長からその知らせを受けます。しかし、金栗は「先生、私には荷が重すぎるようです」とはじめは代表を固辞。それでも、嘉納校長の「日本スポーツ界の黎明の鐘となれ」という熱い説得に感動し、日本のオリンピックの扉を開ける決意を固めるのでした。
===CONTENTS===
金栗四三ロード
観光案内(プチ・セレブコース)
観光案内(八つの神様)
カレーロード
バス会社様へ
観光会社様へ
===所在地===
大河ドラマいだてん
和水町推進協議会
〒865-0136
熊本県玉名郡和水町江田3886
電話:0968-86-5725
▲トップへ戻る