金栗マラソン人生
いだてん金栗四三【誕生~少年時代】
いだてん金栗四三【才能を開花】
いだてん金栗四三【オリンピックと金栗】
いだてん金栗四三【箱根駅伝の創設】
いだてん金栗四三【終章】
コンテンツ
金栗四三ロード
観光案内(プチ・セレブコース)
観光案内(八つの神様めぐり)
ナゴミカレーロード
バス会社様ご案内
旅行会社様ご案内
和水町店舗紹介
観光タクシー紹介
日本マラソンの父【金栗四三】所在地
大河ドラマいだてん和水町推進協議会
熊本県玉名郡和水町江田3886
電話:0968-86-5725
FAX:0968-86-4660
和水町商工観光課
金栗四三QRコード
スマートフォンはこちら
韋駄天【金栗四三】所在地

箱根駅伝の創設

後進の育成のために

金栗はストックホルム大会の大敗後、日本マラソン界の発展に尽力します。「オリンピックで日本を強くするにはマラソン選手の育成すること。一度にたくさんの選手を作るには、駅伝競走が最適だ。」と駅伝創設を呼び掛け、それに応じた早大、慶大、明大、東京高師の4校によって、1920年(大正9年)に「四大専門学校対抗駅伝競走」の名称で第1回大会が開催されました。これが新春の風物詩となった箱根駅伝のはじまりです。なお、金栗はこの時、28歳であり、現役中に箱根駅伝を創設したのでした。

箱根駅伝最優秀選手賞
「金栗四三杯」

第80回大会から最も活躍した人に贈られる「金栗四三杯」。これは金栗が1911年のオリンピック国内予選大会で受賞した優勝カップを複製したものです。「金栗四三杯」には「世界に通用するランナーを育成したい」という金栗の想いが宿っています。
===CONTENTS===
金栗四三ロード
観光案内(プチ・セレブコース)
観光案内(八つの神様)
カレーロード
バス会社様へ
観光会社様へ
===所在地===
大河ドラマいだてん
和水町推進協議会
〒865-0136
熊本県玉名郡和水町江田3886
電話:0968-86-5725
▲トップへ戻る